法人向けパソコンの料金の相場はどれくらい?

法人向けパソコンってどんな特徴?

パソコンには、量販店で販売されている一般者向けのパソコンと、法人向けモデルがあります。両者ではハードウェア的にもソフトウェア的にも異なります。ハードウェア的には構造と強度が異なります。一般向けの場合スタイリッシュさを優先しますが、法人向けモデルは無骨なデザインですがその分頑丈に作られています。ディスプレイについては、一般向けは鮮やかに見せますが、法人向けでは目が疲れないように設計されています。キーボードについても、一般向けではマルチメディアキーなどが付いていますが、法人向けにはありません。キーストロークについても長時間使用しても疲れないように設計されています。ソフトに付いては、法人モデルは仕事に必要なワープロ、表計算、プレゼンテーションソフトがプリインストールされているのが一般的です。

気になる法人向けパソコンの価格は?

法人向けパソコンは、比較的安価に価格設定されています。ノートパソコンであると6万円から7万円程度が相場になっています。デスクトップタイプであると、10万円から20万円程度が相場ですが、技術者が使うようなハイスペックモデルであると50万円くらいすることもあります。なお、中小から大企業となると、サーバーを導入することもありますが、サーバーはハイスペックとなっていますので50万円から60万円ほどします。企業によっては、サーバーをレンタルすることもあります。レンタルした場合のコストとしては、月額料金が2万円から3万円程度となり、メンテナンスも行ってくれるため、トータルコストとしては安く済むこともあります。